ユニークな紙のノベルティを小ロットから

PAPER happy NOVELTY 開設のごあいさつ

 

お店をオープンするとき。キャンペーンをはじめるとき。営業で挨拶にうかがうとき。

ちょっとしたノベルティを配る風習がありますよね。

あげる方は自分たちのことを覚えてもらえますし、もらう方は予期せぬものをいただけます。ノベルティって、お互いにうれしい「交流の品」なんですよね。

 

でも、こんなことを言いながら手渡す方がたまにいます。

 

「ただのタオルなんですが、会社が用意したものなので、本当につまらないものなのですが・・・」

「大したデザインじゃないカレンダーなので、お宅のインテリアには合わないかもしれませんが・・・」

 

せっかくのノベルティも、ありきたりで代わり映えしないと、いただく方もありがたみが薄れるのが正直なところ。

どうせ手渡すなら自分も欲しいと思える、自信をもっておすすめできるものがいいですよね。自分が心からいいと思うものを差し出して、しかも人に喜ばれる。そういうのって、素敵じゃないですか。

 

「あいさつ回りのときに渡すと喜ばれるものを探してるんですが、何かいいのありませんか?」

「今度開催するシンポジウムで配るお土産を探してるんですが、いいアイデアありませんか?」

「そちらの商品を使わせてもらうとぴったりなんですけど、名入れしたオリジナル製品を作れませんか?」

 

そんな声を、幾度となくかけてもらってきました。そういう期待が私たちにあるんだな、と感じたんです。

だから私たちは「世界にここだけのオリジナル・ノベルティを小ロットで提供するサービス」を始めることにしました。

これまで多くのオリジナル文房具を開発してきた私たちです。得意な「紙モノ」に特化して、ユニークなノベルティを探している方々の声に向き合っていきます。

 

法人、個人は問いません。ノベルティを通じて「人に喜ばれたい」という気持ちでいっぱいの方、気軽に声をかけてくださいね。

 

 

PAPER happy NOVELTY代表
松田綾子 / 株式会社ハイモジモジ